少年法で裁かれる最高刑とは

少年法の存在と意義

成人とはなにが異なるか

18歳と19歳は成人とほぼ同じ刑罰

18歳と19歳の少年犯罪については、少年法が適用されますが、家庭裁判所にて刑事処分相当と判断されれば検察に送致され刑事裁判となります。
特に被害者が志望した故意犯(殺人など)は原則として検察に送致されます。
17歳までと大きく異なるのは、先に述べた死刑があるかないかというところです。
17歳までは求刑も少年法により減刑とされていましたが、18歳と19歳にはついては、成人と同じ刑罰が科せられます。
つまり、その犯罪の重さにより、無期懲役もありますし、死刑にもなります。

少年法とは、更正や立ち直りを重視した特別な法律として出来上がり、機能しているわけですが、時に改正を議論させるほどの重大な事件も起きてしまいます。

少年と成人の司法手続き

成人になれば罪を犯せば、実名で報道もされますし、またその量刑に刑務所で服役することにもなります。
少年とはここが大きな違いとなり、少年がまず家庭裁判所に行くのに対し、成人の場合は最初から検察に送致され、刑事裁判となるのです。
少年の場合は、刑事裁判ではなく少年審判で事件を審理し、その処置を決定します。
調査が必要な場合は、その審判まで少年鑑別所に収容されます。
成人の刑事裁判では弁護人が付きますが、少年の場合は付添人が付きます。
家庭裁判所の少年審判において少年の権利を擁護したり、代弁したりして裁判に協力する成人における弁護士にあたる役割となります。
これはおおよその違いですが、成人と少年(未成年)においては司法の手続きも異なるのです。


この記事をシェアする